総合旅行業務取扱管理者を活かして就職を優位に

取得を目指すなら若いうちが、おすすめ

将来旅行会社に就職したいと願っているなら、学生の方は在学中に、就業中している方もなるべく若いときに、総合旅行業務取扱管理者の資格を取得しておきたいと思うことでしょう。

総合旅行業務取扱管理者資格は旅行代理店や旅行会社に就職後も取得できますが、時間や労力が別にかかるようになるため、若いうちに取得しておくのがベストです。

これは学歴不問で受験できるため、学生の間に通信教育を活用したり、別に専門学校に通ったりして、資格を取得する人も少なくありません。総合旅行業務取扱管理者資格を持っているなら、より有利に就職活動を進めることができます。

国内も海外も販売できるから優先的に採用される!

総合旅行業務取扱管理者は、国内旅行だけでなく海外旅行商品を取り扱ったり、販売することができたりします。

国内旅行だけであれば国内旅行業務取扱管理者資格で十分と思われるかも知れませんが、ほとんどの旅行代理店は海外旅行商品を販売しています。

採用側も即戦力となる人材の確保を目指していますから、幅広い旅行業務に携わることのできる総合旅行業務取扱管理者資格を持っている人を、優先的に採用したいと考えます。

総合旅行業務取扱管理者は即戦力!

総合旅行業務取扱管理者の資格を持っていれば、就職後の旅行代理店業務にいち早く参加することができるというメリットがあります。

顧客は総合旅行業務取扱管理者を信頼しますから、お客様に信頼される人材として、会社からも大切に扱われるようになります。総合旅行業務取扱管理者資格試験は難易度が高い国家資格ですが、取得するだけの価値は十分にあるといえるのです。


PAGE TOP