総合旅行業務取扱管理者の求人を探すポイント!

旅行代理店への就職・転職を目指すなら取得しましょう

総合旅行業務取扱管理者資格を取得したなら、旅行代理店への転職や就職を考えるようになるかもしれません。

総合旅行業務取扱管理者は海外旅行や国内旅行業務を扱う旅行会社が必ず配置する必要のある人材で、会社の規模に応じて管理者を増やすことが求められています。

さらに旅行代理店の中途採用でも、総合旅行業務取扱管理者を優遇する動きが見られるため、将来的に旅行代理店への転職を目指しているなら、総合旅行業務取扱管理者資格を取得できるように努めると良いでしょう。

退職者の補てんでの求人がねらい目!

総合旅行業務取扱管理者の求人例として、旅行代理店に勤務していた有資格者の退職に伴う補充があります。

旅行代理店では、総合旅行業務取扱管理者を配置する必要があり、有資格者が退職した場合には速やかに補充する必要があります。

多くの旅行代理店では、勤務している従業員が総合旅行業務取扱管理者の資格を得られるように研修制度などを導入していますが、中小の旅行代理店では突然の退職などで店内の補充ができない場合もあります。

旅行の企画に携わることも夢じゃない!

総合旅行業務取扱管理者であれば、旅行商品の販売窓口だけでなく、企画にも携わることができるため、大手旅行代理店に転職することも可能です。

異業種からの転職の場合も、プレゼン能力や営業や企画などの経験を持っている人材を優先的に採用する傾向が見られます。

それらの経験に加えて、総合旅行業務取扱管理者資格を持っていれば、旅行代理店の求人要件を満たせる可能性が高くなるのです。


PAGE TOP